東京ハイヤー・タクシー交通共済協同組合

2021年の年頭にあたって

東京ハイヤー・タクシー交通共済協同組合
理事長 川村 泰利

 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は、組合員並びに関係者の皆様には、当組合の事業運営に対しましてご支援、ご協力を賜り心から御礼を申し上げます。
昨年を振り返ってみますと、2月には新型コロナの感染者が急増し全国小中高が休校となり、3月には東京オリンピック・パラリンピックが1年延期となり、4月には、新型コロナ感染拡大により「緊急事態宣言」が発令(全面解除は5月25日)されることになりました。また、昨年も大きな自然災害が発生し、7月に九州地方に梅雨前線が停滞し、特に熊本県を流れる球磨川などが氾濫し77人が死亡、2名が行方不明となり、9月にも台風10号が九州全域を暴風域に巻き込み激しい風雨をもたらし、6人の死者・行方不明者が出てしまいました。
政界においては、8月に、突然、安倍首相が持病の悪化を理由に辞任する意向を表明され、翌月には、菅義偉氏が第99代首相に就任し、新型コロナ対策や経済再生、縦割り行政に打破を掲げ、「国民のために働く内閣」であることを強調し、新内閣がスタートしました。
さて、我が国の経済に目を向けますと、何と言っても新型コロナウイルス感染防止対策と経済活動との両立を図らなければならない状況にあります。感染症の蔓延は、社会に多大な影響を与え、世界経済が低迷し、これにより我が国も消費が冷え込み、コロナ禍後のニューノーマルという生活様式において、テレワークの普及や夜の街での飲食等の減少、さらにはインバウンドの減少など公共交通の需要が大きく変わることへの懸念が生じております。
ハイヤー・タクシー業界においても、コロナ禍の影響により厳しい経営が続いており、そんな中で、昨年10月より新しいビジネスモデルとして、タクシー事業者による食料・飲料に係る貨物運送(フードデリバリー)が本格的に導入されたところであります。
さらに、同月、東京のタクシー業界を代表する東京無線協同組合とチェッカーキャブ無線協同組合が、中小事業者としてネットワークを生かしつつ地域社会への貢献を目指して、本年4月1日に車両外観の統一やタクシーチケットの共有化、無線配車システムの統合など、将来的な組織統合を視野に入れた包括的な業務提携を締結すると発表されました。
そして、今春予定されている鉄道各社の終電繰り上げが、新型コロナ拡大を契機として乗客の行動パターンに変化をもたらし、この対応がタクシー業界にとって需要増の好機となるのかどうか、注意深く見守っていく必要があります。
また、タクシー活性化策として、昨年11月、定期券や回数券のように一括して支払える「一括定額運賃制度」や繁閑期の需要に応じて迎車料金を変えられる「変動迎車料金制度」がそれぞれ導入されることとなりました。さらには、今後「相乗り運賃制度」の導入が予定されておりますが、満員電車など混雑の回避やテレワークの普及を見据えたウィズコロナ時代の新しい通勤スタイルにマッチしたサービスとなり得るのかどうか、注力するところであります。
加えて、本年は1年延期された東京オリンピック・パラリンピックが開催される予定でもあり、「心のバリアフリー」「おもてなしの心」をもって、世界一安全な高いサービスを提供していくことが求められており、更なるサービスの高度化をより一層進めていく必要があります。
このような状況のなか、当共済組合におきましては、近年の決算状況が好ましくないことから、本年4月1日より組合員の公平性を保ちながら、対人共済掛金を全地区一律に改定させていただくこととなりました。一方、コロナ休車に伴う特例措置として、休車期間に応じて共済掛金を一部返金する対応を本年3月31日まで延長することとしました。
また、組合員各社の交通事故削減にお役立て頂くため、昨年度に引き続き、交通共済ニュースやセイフティーコーン用表示カバー、クリップスタンドPOPの作成等、さらには、「ペダル踏み間違い時加速抑制装置購入費補助」につきましては、UDタクシーに限定せずに対象車両を拡大して、本年4月1日から令和5年3月31日までの2年間を補助対象期間として延長することとしました。
交通事故発生状況につきましては、昨年度は組合員の積極的な事故防止活動や新型コロナの影響もあり、発生件数は前年度に比べて35%程度減少しております。死亡事故は発生しておらず、負傷者数についても、重傷、中傷、軽傷事故が大幅な減少を示しております。「交通安全は全てに優先する」という考えのもと、引き続き、交通事故の撲滅に向け取り組んでいただきますようお願い申し上げます。
当共済組合といたしましては、本年も組合員の経営の安定と共済組合としての特性を生かしながら、「相互扶助の精神」を基本理念に事業運営に心掛ける所存でございますので、今後ともより一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
年頭に当たり、組合員の皆様方のご健勝と事業の益々のご隆盛をお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

ページの先頭に戻る